Sumi Channel

サクソフォン&エアロフォン奏者。 Saxophone and Aerophone Player. Living in Strasbourg - France.

黒いエアロフォンと機材紹介。

黒いエアロフォンと機材紹介。

およそ14年前、吹奏楽部でサックスをひたすら練習していた無垢な中学生sumikaは、まさか私が将来エアロフォンを二本携えるDTM女子になっているなんて想像もつかないでしょう・・・。

私がYoutube動画アップやSNSでの動画投稿を始めるきっかけにもなった、1代目ホワイトエアロフォンちゃん。

Rolandという素晴らしいロゴが入っているにもかかわらず、「差し色が欲しい・・・」という私の身勝手な理由により、旧Appleロゴを貼り付けられ、

一人で多重録音してオーケストラだってできる。そう、Aero-Phoneだからね。

というパロディに一年間も付き合い続けてくれた1代目ですが、そんな彼に黒光りするお友達が出来ました。

ジャジャーン(´⊙ω⊙`)

AE-10G エアロフォン グラファイトブラック(新色)

ベタ塗りされた真っ黒ではなく、若干サラサラしているというかシャイニーっぽいブラックなところがまた粋です。

金色のデコレーションが映えそう・・・戦闘力が上がりそう・・・(´⊙ω⊙`)

私の演奏動画ではこのようによく双子合成をするのですが、白と黒一本ずつで合成できるやん・・・!!!!と鼻息を荒げております。

おそらく私のようにサックス・管楽器奏者から、エアロフォンにはまってしまったことで「ライン録りするにはどんな機材が必要なんや!?」という壁にぶち当たる人も多いかと思います。

私もデジタル楽器を始めてから、「DTM?(ンキ前でむろしてるジもんのヤンキー?)」状態から始めました。

「普段どうやって動画作ってるの?」という質問も最近よくいただくので、これを機に私の家にある機材たちをチラッと紹介したいと思います(๑╹ω╹๑ )

  • 1.Roland AE-10 AEROPHONE (White) (Black) ⇦New!!
  • 2.Roland GO:MIXER ⇦New!!
  • 3.V-moda On-Earヘッドホン XS – WhiteSilver
  • 4.MacBook Pro (Final cut pro X)
  • 5. M-audio Keystation mini 32
  • 6.M-audio Fast Track Pro




Roland AE-10 AEROPHONE (White) (Black)⇦New!!

Roland/Aerophone AE-10.AE-10G エアロフォン ウィンドシンセ【ローランド】

価格:84,240円
(2018/1/21 23:52時点)
感想(1件)

1代目の白いエアロフォンと、新入りの黒いエアロフォン。

発売当時はすぐに売り切れてしまって、一時期入手困難になるほどの人気っぷりでした・・・最近は生産も間に合って落ち着いてきたようです。

9万円出せば50種類以上の楽器が手に入って、今後譜面をわざわざ移調して吹く苦労もなくなってさらにお釣りが来るんだから、実質無料ですよね・・・?(言い過ぎ)

Roland GO:MIXER

Roland GO:MIXER スマートフォン用 弾き語り配信オーディオミキサー インターフェイス 【ローランド】

価格:10,800円
(2018/1/22 00:02時点)
感想(0件)

こちらはまだ試したことはないのですが、スマホエアロフォンをつないで、動画を撮りながら音をラインどりできるという優れもの。

今までやっていた「別撮りしたサウンドとビデオをつなぎ合わせる」という超絶面倒臭い作業が省かれるので、演奏動画制作がこれ一台でめちゃくちゃスムーズに・・・!!

これはまた試してみて感想など詳細は別記事でシェアしようと思います。

ちなみに、今すぐ詳細が知りたい!という方は、エアロフォニスト・藤本さんのこの解説動画がめっちゃわかりやすいです。ご参考までに(๑╹ω╹๑ )

V-moda On-Earヘッドホン XS – WhiteSilver

v-moda(ブイモーダ) XS White Silver 【XS-U-WSILVER】【送料無料】オンイヤーヘッドホン(ヘッドフォン)

価格:24,550円
(2018/1/22 08:14時点)
感想(0件)

ローランドのオンラインストアでも取り扱っているV-modaのヘッドホン。

これに決めた理由はズバリ、カスタムシールドで自分好みのヘッドホンに仕上げられるから・・・!

色もデザインも自分でデザインできちゃうんです。こちらも後に別記事にてシェアしたいと思います✌︎(‘ω’✌︎ )

MacBook Pro (Final cut pro X)

去年の秋から使い始めたMacbook Pro 2017年モデル。今までは中古の型落ちパソコンで効率ゲキ悪な環境で編集していて限界を感じ、人生で初めて自分用のパソコンを購入。

WindowsではAudacityで録音、Vegas Proで編集をしていましたが、MacはVegas Proに対応していないということだったので、Youtuberのバイリンガールちかさんも使用されているFinal Cut Pro に乗り換え。録音はMacについているGarage bandです。

録音も編集も今までの倍ほどのスピードで効率よく作業でき、制作のモチベーションも高まります!!!

M-audio Fast Track Pro

M-audio Fast Track Pro をAmazonでチェック

Macbookを購入したあとルンルン気分でエアロフォンを繋ごうと思ったら『旧Windowsパソコンにあったラインインの差し込み口がない・・・(´⊙ω⊙`)』と早速壁にぶつかりました。

そもそもラインインの端子から録音していた時も雑音が入ったりレイテンシー問題(吹いたら音が遅れて聞こえて来る)など色々不満があったので、DTM師匠であるエアロフォン仲間のBANANAsuさんに相談したところ、オーディオインターフェイスをお勧めされました!

Leboncoinという、フランス版メルカリで中古のものを探した結果このM-audio Fast Track Pro にたどり着きました。

日本円では2万円近くしますが、新古品で7千円でゲット✌︎(‘ω’✌︎ )

雑音もレイテンシーも全くなく、快適にエアロフォンの音をGarageband内に取り込むことに成功しました(*´Д`*)

M-audio Keystation mini 32

M-AUDIO Keystation Mini 32 II MIDI キーボード コントローラー 32鍵盤 【Mオーディオ】

価格:6,480円
(2018/1/27 00:28時点)

最後にMIDIキーボード。エアロフォンではカバーできない、和音楽器や打楽器系の入力に重宝します。

前から欲しいなーとは思っていましたが、こちらの「春の海」のお琴パートがきっかけで購入!

ざざざっと端的な紹介をしましたが、GO:MIXERの感想やヘッドホンのカスタムシールドのお話など、まだ別記事で詳しく紹介いたします(๑╹ω╹๑ )

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)